DX化がもたらすもの
DXを活用した弊社の経営ビジョン

DX化がもたらすもの

まずDXの流れを推進するには、書類の業務や手作業をなくしてデジタル化する流れが必要です。

たとえば、書類作業の押印や資料を電子化できると、やりとりや管理がオンライン上で進められて、従業員の作業量を減らす取り組みにつながります。
社内のデジタル化は作業効率化の意図があり、企業の競争力をIT技術で向上させるDXの推進に欠かせません。
書類作業をなくして作業効率化が図れることで、人手不足や仕事量の調整につながることがあげられます。

また全体のコストカットに繋がります。
たとえば、ルーティーンの業務はオンラインやRPA化を進めると、人件費の削減や生産性向上につながるでしょう。
書類作業をなくしてデータで情報共有や管理ができると、書類を保管せずに済みオフィス縮小でコストカットを図れます。

さらにはDXは企業が生き残るための競争力を向上させるため、仕事の生産性があがって事業活動にもよい影響が期待できます。
市場調査や自社で培ったデータを分析し、顧客のニーズを掴んだ戦略を考えて製品やサービスの開発と改善を検討できるからです。
DXを推進すべき理由として、中小企業が最新の技術を使って顧客が抱える課題を解決できると、顧客に質の高いサービスを提供できる点があげられます。

DXを活用した弊社の経営ビジョン

弊社では2021年からDX化へ積極的に取り組んでいます。
「Googleワークスペース」や「日報革命」といったデジタルツールを活用し、「生産性の向上」・「業務効率の促進」・「企業の継続的な成長」を目指します。
Googleワークスペースを活用することで従来の業務をデジタル化し、処理の自動化を行うことで生じるメリットが期待でき、また従来は人が行っていた確認工程を自動化することでミスを無くし精度向上にも期待できます。

さらには業務効率化の促進にも期待できます。
DXは基幹システムや業務システムだけではなく、業務プロセスそのものを見直すことを視野に入れたものと考えており、この業務プロセスの改訂により、業務効率化の促進が実現します。

DX化が促進されると市場の動向に合わせた柔軟な対応が可能となります。
顧客データの蓄積による動向分析が可能になり、より顧客ニーズにあった製品やサービスの提供が実現し継続的なサービス利用に期待が持てます。
こうした関係性の構築は、企業にとって継続的な顧客を抱えることに繋がり、結果的に企業の継続的な成長に繋がります。

田島石油株式会社
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川4-15-21
TEL:04-2953-7721
プライバシーポリシー
Copyright (C) Tajima Sekiyu. All Rights Reserved.